大阪本社06-6226-5588 東京支社03-5469-3399

ホーム > 採用情報 > 社員の声

社員の声
 
システム開発部 プログラマー

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

システム開発部でエンジニアとして働いています。現在はお客様の元に出向し、既に稼働している資材管理システムの 保守、運用、さらには不具合があった場合の調査、修正、仕様変更時の設計、開発、導入までを担当しています。

Q. お仕事の上でやり甲斐や喜びとなること、逆に苦労されることを教えてください。

この仕事は個々のエンジニアが黙々と作業をしているような印象があると思いますが、実際には複数の企業から集まったエンジニアがひとつのチームを作り、プロジェクトを進めていきます。特にプロジェクトが立ち上がって間もない頃にはエンジニア同士でコミュニケーションを図るのが難しく、また所属する企業によって方針も違いますから、すり合わせには苦労します。ただ、ベクトルがひとつになり、まとまってひとつのものを完成できた時の達成感は非常に大きく、やり甲斐を感じますね。

Q. 今後、挑戦していきたいことは?

現在は1人のプログラマー、テスターとして働いていますが、1人で作業をするより複数で何かを作り上げることのほうが好きなので、いずれはチームリーダーとなり、みんなをまとめていくポジションに就きたいと思っています。
システム開発部 プログラマー

Q. 応募を考えている方へのメッセージをお願いします。

この会社は上司や経営者との距離感が近いと感じています。私のような社歴の浅いスタッフの意見でも聞き入れてもらえる環境にありますので、自分の意見をしっかり持っている方、会社をこうしていきたいという熱いハートを持っている方にとっては自分を活かせる職場ではないでしょうか。また、現在は女性のエンジニアが少ないので、女性に入社してもらえると職場が華やかになると思います(笑)。女性でも上を目指していける会社だと思いますので。
システム開発部 プログラマー

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

システム開発部のメンバーとしてお客様の企業へ出向し、システム開発に関わるプログラミングやマネージメントを行っています。現在は鉄道会社で用いられる勤怠管理システムを手掛けており、プロジェクトマネージャー補佐として、お客様と開発会社、マネージャーという三者の窓口となって連絡役を担っています。

Q. 就職に当たり、ATC入社の決め手となったことは何でしたか。

私は大学の情報系学部に学び、ゆくゆくは人とコンピュータをつなぐ仕事がしたいと考えていました。採用試験において吉川社長と面談し、社長の話す理念が私の目指すところと一致していることに感銘を受けたんです。他社でも経営者の方とお話はしましたが、直感的に信頼でき、情熱に溢れた人だと感じたのは吉川社長が初めてです。

Q. 業務を通じて学んだことの中で、最も大きいのは?

合理性があっても、納得感がないと人は動かないということです。例えば、理詰めで考えると最適な選択肢でも、人には感情というものがあります。相手の立場や考え方をくみ、その人が納得できる回答を示さないと、IT業界といえども人と人とが関わっていくプロジェクトはうまく回せません。そして納得できる回答を見つけるためには、相手と進んで話をし、想像力を働かせることが大事だと学びました。
システム開発部 プログラマー

Q. 応募を考えている方へのメッセージをお願いします。

ビジネスとアミューズメントという二つの事業部がある当社には、いろんな考え方の人が働いていて面白いと思います。また、現在組織は成長途上にありますので、歯車としてではなく、組織の中核を担って働きたい、会社と一緒に成長していきたいと思う方にとっては非常に働きがいのある職場だと思います。
システム開発部 営業

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

顧客からシステム開発の依頼を受け、技術力を提案する営業の仕事に携わっています。大手ソフトウェア開発会社など、顧客となる企業担当者との人間関係を構築するところから始まり、日々の訪問で開発に関わる案件情報を拾い上げるのが主な仕事。また、開発部とも調整を行い、どのような技術者を提案するのがふさわしいか、どういった形でプロジェクトに参画できるかを考えるのも大切な仕事です。

Q. お仕事の上でやり甲斐や喜びとなること、逆に苦労されることを教えてください。

厳しい社会情勢ですから、求められる技術のニーズがより細かくなっており、社内のリソースが限られる中で、案件にぴったりの技術力を提案することに苦労を感じます。一方で商材は物ではなく、技術力やソリューションといった「無形の価値」ですから、お客様が抱えている悩みや課題を解決でき、「さすがATCだ。また次の案件も頼む」と言われた時には大きな喜びを感じますね。

Q. 今後、挑戦していきたいことは?

個々の技術者のスキルアップにつながるような案件を多く持ち帰りたいですね。目まぐるしく開発環境が変化する中、時間に余裕のない技術者が机上の学習だけでスキルを底上げするのは難しい。だからこそ実際の仕事に携わる過程でスキルチェンジできるような環境を提供したいんです。
システム開発部 営業

Q. 応募を考えている方へのメッセージをお願いします。

私がATCに入社したのは11年前。当時はまだ小さな事務所でしたが、その後、順調に業績を伸ばし、オフィスも広く新しくなりました。当社にはビジネス系、アミューズメント系と二つの事業柱があるので、幅広い活躍ができると思いますし、社内の雰囲気はとてもアットホーム。問題があれば個々で解決するのではなく、チームで一緒に考えようとする土壌があります。社長も尊敬できるし、ぜひ入社をご検討ください。
システム開発部 グラフィッカー

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

現在はディレクターのポジションに就いています。案件によって若干異なりますが、PGやCGなどをディレクションしてプロジェクト全体をまとめる時もあれば、ひとつの工程、セクションのみをまとめることもあります。マネージメントだけでなく、自分で手を動かすことも。

Q. お仕事の上でやり甲斐や喜びとなること、逆に苦労されることを教えてください。

私は元々デザイナー出身でディレクターとしての経験が浅いので、プログラマーなど、専門以外のセクションがどう動いているかを把握するのに苦労します。まったく筋違いであるかのように聞こえる発言が、実は私の経験不足でプロジェクトには不可欠なものであったり、反対意見であっても確固たる経験に基づいたリスクヘッジだったり。でもその分、みんなの考えが合致し、効率よくクオリティの高いものが出来上がった時には、大きな達成感がありますね。

Q. 今後、挑戦していきたいことは?

アミューズメント業界は勢いがありますので、その方面でのラインを増やすべく自分の知識や経験を増やしていきたいと思います。今はまだ技術的に足りていないのですが、将来的にはオーサリングを手掛けたいですね。
システム開発部 グラフィッカー

Q. 応募を考えている方へのメッセージをお願いします。

活況にあるアミューズメント業界での仕事が多く、また実力主義でどんどん上に上がれる環境でもあるので、この会社にいれば色々なチャンスが巡ってきます。専門的な知識だけが必要とされるのではなく、人生経験豊富な人が集まれば会社としての幅も広がるでしょうし、みんなとは違った目線から意見を言ってくれる人も必要ですので、他の業種からの転職も大歓迎です。
システム開発部 プログラマー

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

AM開発部のスタッフとして、主にパチンコ・パチスロの移植作業をしています。具体的に言うと、遊技機の映像や演出、リールの制御や球の飛び方まで含め、iPhoneやAndroid、ガラケーなどのアプリで実現していきます。

Q. 就職に当たり、ATC入社の決め手となったことは何でしたか。

遊技機のシミュレーターを開発する会社であっても、演出周りだけとか、リールの制御だけとか、限られた工程しか携われない会社が多い中で、ATCでは筐体周りまで含めて全ての移植作業に携われます。だから、自分の目標を実現するためのファーストステップとして、この会社の環境はぴったりだと思いました。また、職場見学をさせていただいた中で、社員が和気あいあいと働いている印象を受けたこともひとつ。幅広い年齢層の社員が分け隔てなく話をしている雰囲気が伝わってきましたので、入社を決めました。

Q. 業務を通じて学んだことの中で、最も大きいのは?

月並みですが、「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」の大切さです。入社して間もない頃、任せていただいた仕事がはかどらず、けれど自分で考えて答えを出したかったので、あれこれ悩んで時間だけを浪費してしまったことがありました。結局、上司に助けていただいたのですが、もっと早く相談していたら効率よく作業をすることができたと思います。自分のやり方を貫くことも大事ですが、プロジェクト全体を考えれば、ほうれんそうは欠かせないと実感しました。
システム開発部 プログラマー

Q. 応募を考えている方へのメッセージをお願いします。

自分がしたいことを実現できる職場かどうか、それをよく考えて会社を選ぶことをお勧めします。もしかしたら待遇よりもそっちのほうが大事かも。若い人の中には「どこでもいいから入社したい」と思っている人がいますが、流されず目標を持つこと、それに向かって歩むことが大事だと思います。